FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレイテナー

ストレイテナーが個人的には一番好きなのだが、全然周りの人が知らないので困っている。

ストレイテナーって言って、「ああ」と分かった人に出会ったのは、私が彼らを知って二年後のことである。


とっつきにくいんだろうか。歌詞は難解だし。

難解といえばsilly paradeのいい日本語訳がない。

と、いうわけで、辞書片手にやってみた。受験英語だけどね。



silly parade

君が苺に咬みついて、俺の顔にケーキをぶちまける

喪服で着飾った鳥に、行進の中の死にかけの犬共


君がソーセージを齧って、パンケーキを放り投げる

漆喰の壁に、ガレージの中の猫足バスタブ


むかつく狂気を見せびらかすのは止めろ

俺の魂はうわべだけの贖罪で冒涜されてる

絶望的な現実世界を見続けろ

俺の世界は馬鹿げた解決法で救われてる

君はゲームをしているか?



……確かに訳してもよく分からん。

てか、訳自体ナンセンスなんだろうな。

でも分からないものには、中毒性がある。

ご注意を。




スポンサーサイト

箱男

これからたまーに、ブックレビュー書いていきます。

記念すべき第一回目は、安部公房の「箱男」。

安部公房作品で、私が一番衝撃を受けた作品です。


ストーリーとしては。

ダンボール被って放浪する「箱男」が、とある看護婦との出会いから混沌とした世界に紛れこんでいく、という話。

時間系列も書き手もバラバラな章が連なって、ラストもかなり理解不能。


四回読んで、やっとストーリーが掴めた。


中期安部公房らしく過激な描写はある(密会ほどではない)。

とはいえ、入り組んだストーリーは小説としての機能性を存分に生かしたもので、過激な描写すらも一つの主題に帰結していく以上、疎まれるべき類のものではない。

自らの存在権の放棄、という概念は出家を連想させるが、それとは少し違うようだ。

言いたいのは、見ること・見られること。

俳優がギャラをもらわれる理由やミラー越しの盗撮、露出癖のある看護婦、カメラマンであるという主人公の元本業……。


この小説には作者が撮った写真が何枚か掲載されているが、

これは現代の人が見たら、衝撃を受ける類のものだ。

何しろ、男子トイレとか車椅子の女性の集団とか、なんだか肖像権を思い切り侵害しているような気がしてならないものが(しかもなんだかネガティブ)、載せられているのだ。

今だったら確実に訴えられる。

そう考えると……

箱男の主題というのは、現代においてますます増幅している問題のように思われるのだ。


ちなみに、メタルギアのスネークのダンボールは、これがモデルとかそうじゃないとか。


………駄文失礼。

初めまして

こういうのは、多分一番最初にやらないといけなかったのでしょうが……


初めまして、和泉仁葉です。

いずみひとは、と読みます。

学生をゆるゆるとやっております。


友達は、みんなfacebookやってるのに、

私はやっていません。

なぜか。

純粋に、facebookの使い方が分からないからです……

というか、用途ですね。

facebook友達、という概念もよく分からないし。


と、いうわけで。

現在ツイッターやらfacebookやらのせいで、前と比べりゃ影の薄くなった、

ブログという媒体を使って、

なんとなーく、綴っていきたいと思います。


……140字にまとめる才能は、私にはありません。

シリアスとギャグ

ギャグ漫画といえど、二種類ある。

そう気づいたのはほんの少し前のことだった。



一つは、シリアスの中にギャグが、相当入るもの。

もう一つは、ギャグの中にシリアスが、チラチラと入るもの。


……ところがどっこい、言ってはみたものの、この二つの分類とは、案外難しい。

実はこのことに気づいた原因は、「聖☆おにいさん」と同じ心構えで、

「荒川アンダーザブリッジ」を読んだからなのだが、

未だにどちらがどちらか分からない。


おそらく、「聖☆おにいさん」が後者で、「荒川」が前者なのだろうが、

あまり確信は持てない。


もっと言えば、「魔法陣グルグル」はどちらなのか?

ミグミグ族の設定はシリアスだが、全体はギャグを貫いている。


要するに。

世界観とストーリーラインの葛藤なのだろう。

ただその境界は曖昧で、

「あ、何か違う。」

そう認識できるだけなのだろう。



で、何が言いたいかって、要するに、中村さん復帰おめでとうございますということです。

駄文失礼。




ブログランキング

クリックお願いします。

プロフィール

和泉仁葉

Author:和泉仁葉
九州生まれの九州育ち、現在大学二年生。

FC2小説にて小説「紅と黒」連載しているはず。
お暇な方は下のリンクからどうぞ。
絵もかくよ。

名言

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

fakelore followers

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
58032位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
2586位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。